キャンペーン期間中、もう少し検討したい方はこちらをクリックして下さい!

 


信じられないかも知れませんが、実は、Webサイトに来店したお客様が、お申し込みページまで進み、寸前で申し込みを中止する割合が70%もあるのです。(楽天リサーチ調べ)
これを“カゴ落ち”といい、この現象を攻略する事で、今までと同じアクセス数でも非常に短期間で売り上げがUPする事を実証しました。

今まで、売り上げアップ対策の優先上位と考えられていた常識は、

  • 広告費をかけWebサイトへの誘導数を増やす!
  • お客様の目を引くキャッチコピーや綺麗なWebサイトに仕上げる!
  • 商品の値引き・値上げをする!
  • キャンペーン等で特典をつけたりする!

確かにこれらは効果的です。

しかし、残念ながら優先順位の一位ではありません。

まずは、申し込み意思のあるお客様の“カゴ落ち対策”をする事こそが、最も簡単に、最速で売り上げアップ出来る近道だと断言します。


こんにちはシステムを導入した鈴木です。
まずは、このシステムを開発して下さった事に感謝します。

私はエステサロンをオープンさせて3年間、毎月の体験申し込みに本当に苦労していました。

施術には自信があったので、無理して多額なお金をかけてホームページを作成したので、それなりにサイトへの誘導もできていました。

又、エステ体験を無料にしたり、ワンコインにしてみたり、期間限定でプレゼントキャンペーンをやってみたり、色々試したのですが、中々思うように体験申し込みが入りませんでした。

苦肉の策で、広告代理店に高額の費用を支払いWebサイトの誘導数を増やして貰ってみたものの、経費をかけた割には申し込みの数が比例してこない。
もうどうすればいいか途方にくれていた所“カゴ落ち”という現象を知りました。
当店のホームページは綺麗で目を引くサイトではあるのですが申し込みフォームは欠点だらけだったのです。
確かに申し込む人の心理を考えたら、“なるほど…”と思う事なのですが、全く考えた事がなかったのです。
そこで、早速このシステムを導入してみた所、次の日から、申し込みがドンドン入るようになり、あっという間に1ヵ月先まで予約が埋まりました。

体験申し込みが増えた事で、売り上げも、お陰様で2ヵ月半で、平均だった355万円から823万円にアップする事ができました。
最初に言われた通り、本当に何もしなくても売り上げが上がりました。
正直、最初は“理屈はわかるけどどうなのかな?”と思っていたのですが、疑った自分が恥ずかしいです。
正に魔法のようなシステムです。
今後も使い続けていこうと思いますので宜しくお願い致します。

当社はマーケティングコンサルティング業ですのでカゴ落ちの事実につきましては認識していました。

その対策として数社のシステムを検証しましたが、この《お申込みコンシェルジュ》の結果が、最も反応が高かったのです。

 

入力するときに表示される画像も、自分のサイトのイメージに合わせてオリジナルで画像を作ってくれることや、なにより、申し込み内容を入力している途中で
お客様がどうしても感じてしまう、

 

「面倒くさい」

「やっぱりやめようかな」

「この商品は本当に自分にとって必要なのか」

 

という感情にさせないアイデアと工夫は、他社のシステムにはないメリットだと思います。

当社も設置してから、早速翌月には成約率アップの効果が出ました。

今ではこのシステムを外してしまうのが怖いくらいです。

 

ほぼ確実に成約率が上がるということで当社のクライアントでネットを導入している方には、今どんどんこのシステムをすすめています。


原一探偵事務所Web担当者 高田様

 

私も長くWebマーケティングの世界にいるので、初めてこのシステムを見た時、正直こんな物でメール相談件数はさほど変わらないだろうと思ってました。

ただ、お試し無料という事もあったので、試しで導入してもらいました。

 

3週間ぐらいした頃からだったと思いますが、明らかにメール相談お申込み件数が増えてきた感じがしました。

導入する前のかご落ち率を計測していなかったので、どの位変わったのか把握できていないのですが、今ではアクセス数は変わらないのに明らかに全体的なお申込数が増えています。

これだけ手軽に即効性があるシステムはなかなかありません。

 

いいモノを紹介して頂いてWebマーケッター仲間にお礼を言いました。
また「お申込コンシェルジュ」担当者様にもとても丁寧に対応して頂き有難かったです。

いつもありがとうございます。



はじめまして、『株式会社メディアnet』 代表の岡本と申します。

私は元々、あなたと同じように約19年間、リアル店舗やネットで商品販売やサービス販売、情報販売、更には芸能関係、エステ経営等々、様々な商売をしてまいりました。
うまくいって飛び上がる程嬉しかった事、騙されて死ぬほど落ち込んだ事、等々、酸いも甘いも数限りなく経験してまいりました。 この経験を生かして、現在、友人に頼まれ、経営に生き詰まった方や、売り上げに伸び悩んだ方に、的確な解決策を指南するというビジョンの元、経営の分析・検証から、問題解決ツールの開発・提供、経営ノウハウに至るまで、ニーズに合わせて幅広く指導しています。

もしかしたら、あなたも私の事をご存じかもしれませんね。

さて、この度、経営の分析・検証をしていく中で、個人の起業家が陥りやすいWebサイトのある重大な問題を検出致しました。
個人の起業家が突き抜けるためには、この問題は切っても切り離せないの内容のものです。
なぜか?
この問題を見誤ると、売り上げが上がりにくい体質の店舗・企業になってしまうどころか、下手をすれば、経費が垂れ流しになってしまう恐れすらあるのです。

その問題を解決すべく発表した商品は、Webサイトの運営者が今、最も注目すべき内容のものであると非常に高い評価を得ています。
全てはあるクライアントさんの
相談から始まりました。
どうしたんですか?
「広告費をかけてアクセス数を増やしても、Webサイトのキャッチコピーやデザインを変えても注文数が全然伸びなくてもうお手上げなんです!」
「お金もあまりないので、費用をかけずに何とか注文がとれるいい案はないでしょうか?」
・・・・・・・・
確かにクライアントAさんのWebサイトを拝見しても、かなりいい感じのサイトで、広告費をかけているだけあってサイトへのアクセス数も申し分ない!
なぜ、これで注文数が伸びないのか???
ここから、社内で様々な角度から検証を始め、ある一つの答えを導きだしました。

“コンバージョン率(転換率)が悪すぎる”

実は“お申し込みページのアクセス数”の割にコンバージョンが上がっていなかったのです。

お申し込みページとは、Webサイトで【申し込みボタン】をクリックしたら飛ぶ、個人情報を入力するページの事です。

馬鹿にするなと言われそうですが、念のため…

簡単に言えば、お客様が、商品が欲しいと思ってお申し込みページまで進んだ数は多いのにも関わらず、お客様が実際には注文していないという事です。

この原因としては、クライアントAさんの場合、申し込みフォームに大きな欠点があり、半端ではない“カゴ落ち”だったという事です。

早速、クライアントAさんにその事を伝えると…
「申し込みフォームに問題…?? コンバージョン…??カゴ落ち率…?? 何ですかそれ???」
・・・・・・・・
ここで、私はある重要な事に気が付いたのです。

もしかして、殆どのWebサイトの運営者は、申し込みフォームの重要性に気が付いていないのではないだろうか?

折角、申し込む意志のあるお客様の瞬間的に感じる些細な感情の変化で申し込みを中止するという現実を理解していないのではないのではないだろうか?

そこで、私は『売り上げと申し込みフォームとの関係性』について、ある仮説をたて、弊社クライアントさんを対象に、問題なく申し込み・注文が入っている方と、そうでない方の申し込みフォームの比較をしてみました。

すると、驚くべき結果がでたのです。

こちらが比較をグラフ化したものです。



<申し込み・注文が伸び悩んでいる方>

①申し込みフォームの入力項目が異状に多すぎる 15%
②操作性が悪い(入力ミスエラーで戻ると全文字消去等) 28%
③とにかく分かりずらい 13%
④全て打ち込みで選択させる項目がない 42%
⑤何も問題ない 2%
<申し込み・注文が問題なく入っている方>

①申し込みフォームの入力項目が異状に多すぎる 3%
②操作性が悪い(入力ミスエラーで戻ると全文字消去等) 5%
③とにかく分かりずらい 1%
④全て打ち込みで選択させる項目がない 6%
⑤何も問題ない 85%
どうでしょうか?

ご覧頂いた通り、申し込み・注文が伸び悩んでいる方で、申込みフォームに何の問題もなかった方は、たったの2%!!

この結果をごらんになってあなたはどう思われましたか?

a.あまりピンと来ない…
b.これは大変な事だ…
c.特に何とも思わない…

恐らく、現段階では、感想はこの3つのいずれかだと思います。

c.に該当する方はWebサイトを運営していく上で非常に危険な要素を持たれていますので、これからお話する内容だけでもしっかりお読みくだされば、今後の参考になると思います。

私の場合は、仮説通りの結果でしたので、“やっぱりか…”と思いながらも複雑な心境でした。
この結果を見れば一目瞭然でお分かりいただけるかと思いますが、売り上げと申し込みフォームには関連性があり、申し込みフォームはかなり重要なポイントなのです。

人間の深層心理で、申し込みをする瞬間が、期待や不安が一番高まる時です。

ですから、ちょっとした感情の変化が、申し込むか中止するかを左右するのです。

勿論、売り上げアップの方法としては、Webサイトの仕上がりも重要ですし、アクセス数を集める為の広告も必要です。
又、時には季節毎のキャンペーンなども必要になってくるでしょう。

しかし、高コストをかけずに、短期間で売り上げを上げていく事を考えるなら、優先順位の一番は、これらではなく、あくまでお客様目線にたって、申し込み意志のある貴重なお客様に、スムーズに気持ちよくお申し込みボタンを押して頂く為の配慮なのです。

簡単に言えば、お申し込みフォームのよし悪しが、売り上げに多大な影響を与えるといっても過言ではありません。

逆にいえば、いくらお金をかけてWebサイトを整備しても、大量の広告費をかけてアクセスを集めても、最後の審判を仰ぐ、肝心な申し込みフォームに“カゴ落ち対策”がされていなければ意味がないのです。

このエピソードをきっかけに、一つのプロジェクトを発足し、エンドユーザーの申し込みに対して、使いやすさを追求すると共にWebサイトの運営者様に、手間も負担も掛けずに売り上げをあげる事をコンセプトに“カゴ落ち対策”にフォーカスした、お申込みフォームチューニングシステムを開発しました。

それが、

『お申し込み コンシェルジュ』です。

申し込み意志のあるお客様が、
申し込みを中止するタイミング!
それでは、もう少し突っ込んで、お客様が申し込みを中止するタイミング(カゴ落ち発生)を説明してみます。
あなたはこんな経験はありませんか?
あなた自身が、WEBで商品・サービスを注文するときや何かの資料請求をするとき、お問い合わせをするときなどに、

「このフォーム入力欄よくわからないな・・・」
「なんか項目が多くて入力が面倒くさいし・・・」
「やっぱりやめた!!」

と考えたことはありませんか?
又は、止めないまでも、ストレスを感じた事はありませんか?

正にこのストレスを感じた時、これこそが申し込みを中止するタイミング(カゴ落ちが発生)なのです。

こちらの動画でもう少し詳しく説明していきます。






どうでしょうか?

こんなことは、Webで買い物をしようとしている “誰も” が “いつも” 思っている、言わば日常茶飯事なのです。
だったら、仕方ないんじゃないの?

と言われれば、そうかもしれません。
しかし、よく考えてみてください。
Webサイト運営者の殆どの人が、あなたと同じように考えているのです。
ならば、この現実を真摯に捉えて、いち早く対応する事がライバルより優位にビジネスを進める事にならないでしょうか?
賢明な判断ができるあなたならもうおわかりだと思います。

以上の事から、お客様の事を考えて、ストレスを与えない、お客様目線になったお申し込みフォームにする事こそが売り上げアップの第一なのです。

ではいつやるか・・・・・今でしょう!!!

ここまでは、申し込みや注文数アップに直結する“申し込みフォーム”の重要性について説明をしてきましたが、この他に、間接的に申し込みや注文数をアップさせる、重要なフォームについてお話します。

お問い合わせフォームのチューニング
「お問い合わせ」も、施策が必要な重要フォームです!
実は、近年の傾向では、サイト1ページの観覧時間は年々短くなってきていて、開いた瞬間に目的の情報が載っていなかったらすぐに別サイトへ移動してしまうケースも少なくありません。

商品やサービスなどをご提供しているECサイトの例では、購入までの時間短縮のためにすべてのページを観覧せずに

「とりあえず問い合わせる」
「Q&Aだけを確認する→載っていなかったら聞いてみる」

という考えのユーザーも増えてきています。

ですから、お問い合わせフォームに施策する事で、このユーザー達も強い見込み客とすることができます。
また、お問い合わせフォームの施策は、ただ送信率がアップするだけではなく以下のような効果も期待できます。

  • 顧客満足度のアップ
  • ストレス軽減でその後の対応まで好感触
  • 成約に結びつきやすくなる

見込み客になりうるユーザーにストレスを与えては100%成約には結びつきません。
この為、数項目のお問い合わせフォームであってもストレスを与えない施策も必要不可欠なのです。

資料請求フォームのチューニング
「資料請求」も施策が必要な重要フォームの一つです!
実は、資料請求の時点からユーザーとの対話は始まっているのです。

資料請求の際に、まず、ユーザーのストレスを軽減し安心感を与えることで、資料請求された商品・サービスを“申し込みやすくなるというメリットが生まれます。

あなたは、「AISAS理論」という言葉を聞いた事がありますか?
インターネットでビジネスをする上で考えなければならない理論の事ですが、ご存じない方の為に少しだけご説明します。

ネットで商品・サービスを申し込む際にサイトを観覧した方の行動(ユーザーの行動)は

1.《Attention》(注意)
2.《Interest》(興味)
3.《Search》(検索)
4.《Action》(購買)
5.《Share》(共有)

の順に動くと考えられていて、その頭文字をとって、お客様の行動プロセスのことを「AISAS理論」と呼びます。
このAISAS理論と、今まで説明してきた施策が、どの部分に関係してくるのかをご説明します。

お申し込みフォームまで進んだユーザーは、購入直前の《Action》という行動プロセスにあてはまりますが、行動プロセスの4番目という既に申し込み・注文の意志が固まった優良見込み客です。
この見込み客の“カゴ落ち”防止の為、申し込みフォームの施策が必要となる訳ですが、この他に重要なポイントがございます。
このポイントを押さえる事で、更なる売り上げアップが見込めます。

それは、行動プロセス《Attention》《Interest》のユーザーの対処です。
売り上げアップを望む上で、あなたが、本当に取り込んでいきたいのは、「購入する意思をまだ持っていないユーザー」だと思われますがいかがでしょうか?

資料請求をするという行動は、AISAS理論の《Interest》にあてはまるのですが、このユーザーのストレスを軽減し安心感を与える事が、後々の優良見込み客を生み出す非常に有効な手段なのです。

勿論、申し込み意思の固まったユーザーを逃さないことは最重要ですが、資料請求する段階でユーザーのストレスを軽減させることが出来れば、満足度がアップしAISAS理論さえも覆すことも考えられます。

簡単にいえば、行動プロセス《Interest》の資料請求するユーザーの満足度がアップすれば、《Search》の行動が省かれ(他に検索をせず)申し込み・注文の意志が固まった行動プロセス《Action》の優良見込み客に変化することが考えられます。
更に、ストレス軽減は、ユーザー同士で《Share》される機会までも増加させ、その後のビジネスをも非常に有利に展開させるのです。

どうでしょう。

この2つのフォームのチューニングも非常に効果的であることがお分かり頂けたのではないでしょうか?


何もしなくても申し込み・注文数が伸びる!
あなたが直接、売り上げを上げる対策をしなくても、アクセス数が同じなら自然に“申し込み・注文数”がアップします。
統計ではシステム導入企業の90%以上が、申し込み数・注文数を平均23%アップさせています。

又、申し込み数・注文数が伸びる事によって売り上げ自体が平均38%アップしています。
ライバル業者より優位にたてる!
大型ネットショップ「Amazonn」や「楽天」を一例にとれば、この事にいち早く気付き、お客様の申し込みの手軽さをシステムに導入する事で、顧客の囲い込みに成功し、他のショップより圧倒的に優位にビジネス展開できています。

しかし、個人レベルのネットショップやリアル店舗のWebサイト運営者は、アクセスアップ・集客アップばかりを気にし、コンバージョン率(転換率)について本気で取り組んでいる人がいないのが現状。

この為、今、お客様目線で申し込みフォームを整備する事で、ライバル業者より優位に立てる事は言うまでもありません。
申し込み時のお問い合わせの数が減る!
分かりにくい、又、記入ミスしやすい、申し込みフォームでは、お客様の質問や苦情等の問い合わせが入る事が多々あります。
申し込みを2回してしまった等の返金要求や、不親切なフォームによる申し込みの取り消し、等々…

メール対応、電話対応で時間的にロスが発生しています。
この無駄を軽減させ、もっと有効的な時間の使い方ができるようになります。
無駄なコストの削減に役立つ!
>> “カゴ落ち”は仕方がない…
>> この業種はこのコンバージョン率(転換率)があたり前…

と誤った経営分析で対応策を考えてしまうと、それでも利益がでるように、Webサイトへのアクセス数や集客数アップを目的に無駄に広告費を増やしたり、Webサイトのキャッチコピー変更や改版等、余計な出費をしてしまう事が安易に予想されます。

申し込みフォームを整備する事で、コンバージョン率(転換率)がアップすれば無駄にかけていた経費を省く事が可能になります。

お客様のイライラを軽減する事で顧客満足度アップに繋がる!
今まで考えた事がないかもしれませんが、入力フォームの使い安さでネットショップを選ぶユーザーも存在します。

申し込み・決済時のお客様の迷いを断ち切り、気持ちよく申し込み・注文して頂く事により、次も購入頂けるチャンスが格段にUPします。

申し込みフォームの分析・解析で問題点解決に役立つ!
コンバージョン率(転換率)をUPさせる分析・解析をする事で店舗・企業の本当の問題点が露呈されます。

例えば、

>> 元々のWebサイトの誘導数が少なすぎる…
>> Webサイトに魅力がなく申し込みページに進む数が少ない…
>> 売れない商品やサービス等、無駄が多い…

店舗・企業の正しい対策が見えてくる為、利益がでやすい体質に変える事に大いに役立ちます。
アンケート・資料請求・問い合わせ等でも使え役立つ!
ありがちなアンケートや問い合わせフォームでは、お客様のあたり前で曖昧なぼんやりした内容の声しか集まらず、今後に生かせる代物ではありませんでした。
しかし、アンケートや問い合わせのフォームにこのシステム導入する事で、様々な工夫ができ、本当に収集したいお客様の本音が分かり、今後の対策が見えてくる。
又、資料請求のフォームにこのシステム導入すれば、申し込み精度もグングン上がり、経費だおれする事も防止できます。

では、『お申し込みコンシェルジュ』導入後の“カゴ落ち率”減少でどれくらい売り上げがアップするか、まずは、Webサイトを運営する弊社クライアントの川越さんを例にとってシュミレーションしてみます。

<川越さんの入力データー>※わかりやすいように実際の数字を、キリのいい数字に変えています。

Webサイトのアクセス数 約4,500件
お申し込みページ誘導数 約450件
販売数 約135件
商品・サービス単価 14,800円
カゴ落ちの減少率 10%

※カゴ落ちの減少率とは、カゴ落ち平均70%を基準に考え、その数を何%減少させるかの数値の事です。
では、カゴ落ちの減少率を10%で計算してみます。



もし、Google Analytics などで解析をしていて、Webサイトのアクセス数やお申し込みページ誘導数がわかる方は『カゴ落ち率』減少によって、自サイトでの売上がどの程度アップするのかをシミュレーションできます。

以下のカゴ落ち率シミュレーションシステム枠内にはデフォルト値が入力されていますので、その数値をご自分のデータに変更して、【検証する】をクリックしてください。

約1秒後には、あなたのWebサイトのカゴ落ち率減少に伴う、具体的な成約率や売り上げの増加指数を確認することができます。

※ 当ページ内だけで表示する無料システムです。
※ カゴ落ちの減少率は、初期値を10%に設定していますが変更することも可能です。

 


申し訳ございません。システムの使用にはAdobeFlashPLAYER9以上が必要になります。
下記リンクよりインストールお願いします。
Adobe Flash Player を取得

あなたは、これだけの売り上げをみすみす損している事になるのです。

 

川越さんの場合を例にすれば、月間“ 約66万円 ”の売り上げ損失です。

これを一日に換算すると 66万円÷30日=2.2万円

“ 約2.2万円 ”となり、

更に年間に換算すると 2.2万円×365日=803万円

何と“ 約803万円 ”もの売り上げを取り損ねているのです。

 

しかし、この年間の“ 約803万円 ”は、川越さんが、売り上げUPの為に、直接何かをするという事ではなく、単純に「カゴ落ち対策システム」を導入し、後は、普段通りにWebサイトを運営すれば得られる金額なのです。

 

この事から、「カゴ落ち対策システム」の導入が

一日遅れれば、“ 約2.2万円 ”
二日遅れれば、“ 約4.4万円 ”

というように、一日遅れる毎に“ 約2.2万円 ”ずつ損する状況にあるのです。

 

もったいないと思いませんか?

あなたのWebサイトでは、このシュミレーションで、どれ程の売り上げを取り
損ねている結果になったかわかりませんが、是非、この機会に1日でも早く、
「カゴ落ち対策システム」を導入し、まず、売り上げ損失を回避してください。

 

導入するのは『ライバル店』が、フォームの重要性に気付いていない今こそが
チャンスだと思います。


たったメール1通で設置可能
申し込みフォームを既定の内容に変更したり、決済だけASPを使い専用の決済ページに飛ばすという様な方法ではございません。
『お申し込みコンシェルジュ』の優れている点は、エンドユーザーの打ち込み操作性を格段にアップさせ“カゴ落ち率”を減少させる事は勿論ですが、 今、あなたが使っているお申し込みフォームを“そのまま”使用してエンドユーザーの打ち込み操作性だけを向上させる事です。
当然、面倒な導入の作業や、HTML等、難しいプログラムのノウハウも一切必要ありません。
あなたに導入に際し行って頂く事は、たった5分、メールでWebサイト情報をお送り頂くだけで、全てはこちらで設置致します。
ですからパソコンが苦手な方もご安心くださいませ。
特徴を動画で公開します
まずは論より証拠でしょう。
『お申し込みコンシェルジュ』導入後にどの様に変わるか、申し込み入力状況を実際の動画でご覧ください。





なぜユーザー目線にたったお申込フォームにバージョンUPするだけで
それ程までに売り上げが変わるのか?
理由はとてもシンプルです。

“カゴ落ち”は【申し込みする時のちょっとした感情の変化で申し込むか中止するかを左右する】という事をお話してきましたが、これが真実であるという裏付けとなる決定的な理由です。

それは、

多くのユーザーは、大した理由もなく、商品を購入する」からです。
とても重要な事なので、もう一度言います。

多くのユーザーは、大した理由もなく、商品を購入しているからです。

「そんな訳が無い!」

と思うかも知れませんが、まぎれもない事実です。

先日、楽天リサーチさんが調査した【エンドユーザーの購買理由】で興味深いデータが発表されました。

【ネットショッピングの購買理由】
1位:何となく見ていて欲しくなったから(63.0%)

【カタログショッピングの購買理由】
1位:何となく見ていて欲しくなったから(42.7%)

上記の数字は、通販やネットショップに限ったことではありません。
余程の高額商品ではない限り、この割合は変わりません。
全申込み数の50%前後は“何となく申込みした人”が占めるのです。

私のクライアントであるエステ店の既存顧客へのアンケート結果でも、48.3%の人が、この「何となく申込んだ」と答えていますから。

これは驚くべき数字ですよね。

しかし、決して無視してはいけない数字です。

“ただ何となく欲しくなった…”

このユーザーには、申し込みのフォームに記入の際に絶対にストレスを与えてはいけないのです。

もし、この50%前後の「何となく申込む」層のお客様を出来るだけ取りこぼさない様に工夫したなら、売上が劇的に上がる事もうなずける話ですね。

“たった、これだけの申し込みフォームの違いで…?”

とあなたが今思った事に取り組めば、売り上げは大きく変わってくるのです。

私は、今まで様々な商売をやって培ったスキルを、多くの経営者・起業家に伝達しています。

この為、あなたと同じ起業家様と交流する機会が多いのですが、売り上げを上げる事ができていない人の多くが、

「経営に関するノウハウはだいたい理解している。だけど実際問題
 として、忙しくて中々問題点の原因を検証する事ができない…」

という悩みを抱えていることを私は知っています。

これにより、間違った常識で無駄なコストをかけていたり、重要なポイントをおさえていなくて負のスパイラルに陥ってしまう事もあるでしょう。

「もっと簡単に、もっと効率的に売り上げアップができたら・・・」

あなたも1度はそう思った事があるのではないでしょうか?
『お申し込みコンシェルジュ』は、そんな悩みを抱える、何かと忙しい個人事業家様のために開発致しました。
HTMLやパソコンの専門的な知識がなくても、又キーボードを叩いてメールでこちらにお知らせ頂くだけで、後は、売り上げアップを支援する自動ロボットが、あなたに代わってお客様を丁寧に申し込みボタンをクリックするところまでナビゲート致します。

ここまで、“カゴ落ち対策”の為の、申し込みフォームの重要性、如何にお客様目線にたった思いやりのあるフォームにチューニングするかお伝えしてきましたが、大体ご理解頂けましたでしょうか?

言ってる事はわかるけど、自分のWebサイトにシステムを導入しても効果があるかどうか…

そうですよね。
ただ、弊社では、数々の企業の売り上げアップ対策を担当し、様々な提案をしてきたプロ集団が、新規プロジェクトを立ち上げてまで、開発したこの商品には相当の自信を持っています。

又、多くの開発費用もかけました。
しかし、あなたの言いたい事はわかります。
弊社としても、自信のある商品を一人でも多くの方に試して頂き売り上げの悩みを軽減して頂きたいという強い思いがありますので、こうしたらどうでしょう?

期間限定にはなりますが無料お試しキャンペーンをさせて頂きます。

このキャンペーン期間中なら、まずは、あなたのWebサイトにシステム導入して一ヵ月間無料で試してみて下さい。

そうすれば、実際に商品、又はサービスの申し込み数・注文数がアップするかどうか試す事ができると思います。
更に、システムを導入する為に掛かる初期設定費用「¥52,500」も全額弊社が負担します。
(但し、お客様側のご都合で、設置作業を弊社パートナー技術者が行えない場合は対象外とさせて頂きます)

そして、決済完了から一ヵ月後、サービスの申し込み数・注文数がアップしていればそのまま継続してお使い頂き、
その時点から「月額:¥15,750」の課金となります。

解約も、メールか電話でその旨をご連絡頂ければ、翌月決済日からサービスを停止致します。

当然ですが、解約にあたっての費用は一切頂きません。

ここまで長々と、私の話に耳を傾けてくださったあなたには一切のリスクを背負わせたくありません。

ですから、初期設定費用「¥52,500」も弊社が負担した上で、解約も簡単にできる形をとらせて頂きました。

しかし、逆に言えば、システム導入後の売り上げアップに関して弊社がどれだけ自信を持っているかという事をご理解頂けると思います。 これであなたのリスクは一切なくなりました。

もう悩む前に、売り上げアップの最短コースをまず試してみてください。




キャンペーン期間中、もう少し検討したい方はこちらをクリックして下さい!

 


特典1
商品・サービスが勝手に売れていく
Facebookページ販売ネットワーク構築術
マーケティングメディアとしては欠かせない存在になってきたFacebookですが、「難しそう・・・」とか「そんな時間はない・・・」と言って、避けてしまうのは非常にもったいない話です。
そこでわずか1日でFacebookを理解し、あなたの商品・サービスが継続的に勝手に売れていく仕組みの構築法を、初心者でもわかる解説映像とマニュアルでご提供致します!
特典2
来店者数を一気に10倍に増やす!
事例から学ぶ集客力を飛躍的に高める繁盛店の秘密
●ほとんどのサイト運営者が勘違いしている、失敗者続出の広告媒体選びの落とし穴とは?
●あなたの商品やサービスを価格比較以外で選んでくれる、見込客を見つけるテンプレート
●事例から検証した見込客がなぜか反応してしまう広告の作り方
●売れる広告を作る4つのポイント
●売れる広告を作るの為の作成テンプレート
●見込客が広告を見る時の3つの習性とは?
●売り手側は知らないお客様が離れていく3つの理由とは?
特典3
あなたの商品・サービスしか買わないファンを創り出す!
お客様の心をつかむためのメールライティング術
成約率や売り上げを上げるためには、新規集客も大切ですが、いかにリピーターを増やすかにかかっています。
商品やサービスは売って終わりではなく、そこからがお客様との本当の意味でのスタートなのです。
お客様をあなたのファンに変え、リピーターを増やすためのメールライティング術の全てをお教え致します!

ここまで、入力フォームの重要性や、『お申し込みコンシェルジュ』を導入した場合のメリットをお話ししてきましたが、導入に対して迷いがある方に、まずやって頂きたい事があります。

その前に、今までのおさらいを簡単にしてみます。

なぜ申し込みフォームで離脱するようなことが起きるのか!?
申し込み・注文を決断したはずの優良見込み客が、申し込み・決済ページに移動してきたにも関わらず、止めてしまう主な理由として以下のことが挙げられます。

  • 個人情報入力にためらう
  • 決済に信用がない
  • 送信がうまくいかない
  • 情報入力欄が多い
  • 情報入力に時間がかかる
  • 何を入力するかわからない
  • 何を入力したかわからない

この原因に共通して言えることは・・・

『入力中にストレスを感じるようなフォーム
 が“カゴ落ち”につながってしまう』


と言うことです。

つまり、ストレスを感じさせないフォームを作ることにより、申し込み・注文の“カゴ落ち率”を減少させることができ、コンバージョンを アップさせることができるのです。

例えば、こんな小さな事でも“カゴ落ち”防止に繋がります。
ちょっとテストをしてみましょう。
あなたは、以下の「お名前」だけのたった1項目の入力欄についてどれくらい、“カゴ落ち”防止に関係しているかお分かりになりますか?


before

お名前

after



実は、この中に“カゴ落ち”防止に関係しているであろうことが6項目(場合によっては7項目)考えられます。
1.項目欄と入力欄の背景色を変える
メール配信システム標準のサンプルフォームでさえ、項目欄と入力欄で色の違いがありますので、項目欄と入力欄の背景色を同色にしている方のフォームは打ち込みしやすいフォームとは言えないでしょう。
2.項目名はわかりやすく(太字や文字サイズアップ)
1.と同様にASPサンプルフォームでさえ施されている場合もあり、 項目名が小さく、強調していないフォームはマイナスだと考えます。
3.項目名クリックで入力欄をフォーカスさせる
上記の1項目の入力欄では見た目ではわからないですので、試しに「お名前」と書いてある項目名の方をクリックしてみてください。
カーソルが変化し、入力欄をフォーカスさせています。
4.入力欄を打ち込む際、自動で全角入力モードに変換
上記の1項目の入力欄に半角で文字の打ち込みをして頂ければ分かると思いますが、自動で全角入力モードに変換してくれます。
Internet Explorerのみに適応される処理ですが、日本ではNO.1ブラウザですので効果は大きいと考えられます。
5.入力欄の文字の大きさ(フォントの大きさ)
打ち込まれた文字が小さいと見にくくてストレスを感じますが、入力文字に見やすくすることで送信率がアップする場合もあります。
6.入力欄の余白を少し取る
入力中の見えやすさが変わり、送信率がアップする場合もあります。
7.(入力欄の背景色をハイライト)
打ち込む欄の背景色を変える事によって、どの欄に入力しようとしているのかが一目でわかります。
(この対策は、今後 主流ブラウザになるであろう「IE8」「FireFox」での対策になります。)

※7つ目の項目は、今現在、「IE8」「FireFox」以外のブラウザをお使い の方は上記の1項目の入力欄で確認できない事をご容赦ください。

あなたが、もし、フォーム作成の際、上記事項の半分も気にしていなかったという結果であれば、“カゴ落ち”の施策が十分とは言えない状況で、申し込み・注文の意志のある優良見込み客を逃している可能性があります。

少しのHTMLとCSSの知識さえあれば今すぐにでも改善可能ですので、できる方は、今すぐ改善する事をお勧めします。

そして是非、改善後のコンバージョン率(転換率)を計測してみてください!

違いがはっきり分かると思います。


有名なネットビジネスマン達がご推薦くださっています!

カラーコンタクト通販の草分け的存在として、会員数57万人、年商17億円企業グループの創業者であり、元ライブドア社長室で、"ホリエモンの左腕!?"と呼ばれた男!

 

アジア経済圏にいち早く着目し、カンボジア、シンガポール等を拠点に、ネット通販やホテル事業を主とした実業家であり、コンサルタントととしても、若き起業家達から絶大な支持を得てる渡邊健太郎先生から太鼓判を頂きました!

 

 

渡邊健太郎先生

お申込時の離脱率に関しては、ネット通販業界では古くから問題視されてきました。

 

しかし、その最適化サービスのほとんどは、設置が複雑であったり、申込みフォームそのものを変えなければいけなかったりと、システム導入にハードルが高い問題点がありました。

また、どの会社もお申込フォームに特化しているのではなく、LPOのついでにシステム開発や導入サービスをしている会社ばかりです。

 

その点、この「お申込コンシェルジュ」は、申し込みフォームの申込み率UPという部分に集中し、日々検証を重ねている。

しかもメール一通送るだけで、簡単に導入が可能となるという点で、手間や費用を掛けず、手軽にコンバージョン率を上げたいサイト運営者には、うってつけのサービスです。

何より、自社サイトに本当に有効なのか?を初めに無料で試せるのが、サイト運営者側サイドにとって、とてもメリットが高いと思います。

 

色々な意味で、とても良いサービスだと思うので、私はこの「お申込コンシェルジュ」をお薦めします。

1000名以上のWebサイト運営者を成功に導く。

 

クライアントのネットビジネス成功率日本一! 中小個人向けWeb集客コンサルタントの第一人者である 平賀正彦先生から太鼓判を頂きました!

 

 

平賀正彦先生

アクセス数(広告費)に対しての申込率UP、いわゆる顧客獲得単価(CPA)を安くする為の改善は、どんなビジネスでも利益を上げる為に一番重要です。

その為に、Webサイトのキャッチコピーを変えたり、お客様の声を増やしたり、動画を入れて分かりやすく説明したりと方法はたくさんあります。

 

しかし、トップページだけをどれだけ充実させても最後の注文申込ページで取りこぼしてしまうと、それまでの苦労が水の泡になってしまう。

そういった意味でも、申込みフォームの最適化は、トップページの改善よりも、費用対効果を上げれることが多いです。

 

また、トップページの改善法のほとんどは、素材(証拠データやお客様の声等)を集めたり、データ分析から仮説を立てたりと改善する為の準備時間を多く取られますが、この「お申込コンシェルジュ」は設置も最適化も代行してくれるので、Webサイト運営者が時間を取られる事がありません。

それは忙しいWebサイト運営者にとってとてもメリットのある事です。

 

手間が掛からず、設置してもらうだけで費用対効果(CPA)を高めれる様なものは、なかなかないし、効果があるかどうかのテストを無料でスタートできるシステムも他にはありません。

ですから、私はこの「お申込コンシェルジュ」をお薦めします。



『お申し込みコンシェルジュ』のよくある質問「Q&A」

料金についてのお問い合わせ

Q.クレジット決済できますか?

A: 『お申し込みコンシェルジュ』は、月額課金の為、基本はクレジット決済のみとなります。
※但し、年間契約の場合は銀行振り込みも可能です。

Q.どのタイミングで契約完了となりますか?

A: 契約完了は、決済完了時のタイミングですのでクレジットの場合はクレジット決済完了時となります。

尚、決済完了から設置に必要なWebサイト情報をメールでご連絡頂く事と、実際の設置作業に時間が必要となりますので、使用可能となるには決済完了から最長7営業日のタイムラグが発生する場合がございます事をご了承くださいませ。

又、銀行振り込みの場合(年間契約のみ)はご入金頂いた時点で契約完了となります。

この場合も、クレジット決済と同様にご入金後、最長7営業日のタイムラグが発生する場合がございます事をご了承くださいませ。

Q.返金はありますか?

A: 『お申し込みコンシェルジュ』は初月無料でお使い頂いた上でご購入の判断を頂いておりますので返金は付いていません。

Q.継続して使用する場合の課金日はいつになりますか?

A: 決済日を基準に考えますので、クレジット決済の場合は、最初に決済された日付から翌月同日、翌々月同日…という様に、決済日からひと月経過の同日に課金されます。

又、年間契約版のクレジット決済の場合は、最初に年間分一括決済された日付から翌年同日、翌々年同日…という様に、決済日から一年経過の同日に課金されます。

尚、年間契約版のみ可能な銀行振り込みの場合は、指定口座にお振込み頂いた日が決済日となり次回決済日前には更新の通知をメール又は電話でご連絡させて頂きます。

※全ての基準はシステム設置日ではなく、決済日が基準ですので十分ご注意下さいませ。

Q.一ヵ月無料で使用可能とありますが本当でしょうか?

A: はい、キャンペーン期間中の初月は無料で使用する事が可能です。

ただし、弊社がシステム設置する為に必要なWebサイト情報を通知頂く事と、実際の設置作業と合わせて最長7営業日かかる場合がある為、厳密には初月の無料期間は丸々一ヵ月間という事にはならない事をご了承ください。

又、クレジット決済の場合は、決済システムの関係上、決済手数料が1円必要になります事をご了承ください。

Q.解約について条件とかはありますでしょうか?

A: 解約について条件はございませんがお断りがございます。

解約の通知を頂いた翌月の決済日にサービスを停止致しますので、それまでの期間はそのままご使用頂く形でお願い致します。

初回決済日を基準にしての毎月の前払い決済システムですので、月の途中解約のご返金(日割り返金等)はできかねます事をご容赦願います。

もし、更新が不要になった場合は、翌月の課金が始まる1週間前までに翌月は更新不要の旨をお知らせください。

又、年間契約版については、一年間ご使用頂くという条件で、一括の前払い決済の際に割引や特典のサービスをお付けしている為、決済日から一年満たない途中解約の返金(月割り・日割り返金等)には応じかねますので、最低一年間 はご使用ください。

仮に、途中解約のご連絡を頂きましても、サービスの停止は翌年の決済日になりますので、その間はご使用いただく形になります事をご了承ください。

効果についてのお問い合わせ

Q.どんなメリットがありますか?

A: フォームページの離脱率を減少させ、売上アップが期待できます。
当ページ内ですべてをご説明していますのでご確認ください。

導入についてのお問い合わせ

Q.ASPを使用しているのですが、導入できますか?

A: HTMLソースをカスタマイズできるASPでしたら導入可能です。
すでにフォームシステムが確立されていて、ASP側からのHTMLソースしか利用できないフォームはカスタマイズできませんので、ご使用頂けません。
どちらかわからない方は、弊社にてご確認しますので、お申込前にお問い合わせフォームよりURLをお伝えください。

Q.ショッピングカートにも使用できますか?

A: 基本的に設置不可としていますが、ショッピングカートでもその他のASP同様にカート内レジページのHTML・CSSを編集することが出来れば御使用頂けます。

Q.サイトをワードプレスで構築しているのですが使用できますか?

A: はい。使用することができます。
(フォームをプラグインで構築している場合は、プラグインファイルのカスタマイズが必要になる場合がございます。)


システム関連のお問い合わせ

Q.システムファイルとはどういうことですか?

A:通常WEBサイトシステムは、複数のファイルがまとまり構成され、ブラウザで機能させるように作られています。
その中でも、『お申し込みコンシェルジュ』はjavascriptという言語で書かれていまして、そのjavascriptファイルをシステムファイルと呼んでいます。

Q.他javascriptの影響はありますか?

A: 『お申し込みコンシェルジュ』は、Prototypeというライブラリにて制作されているため、jQuery等を使用している場合は、動かなくなる可能性があります。

コンフリクト(競合)回避は、数行のコード記述で可能ですが、フォームに関しますjavascriptを使用している場合には、既存のjavascriptをオフにする必要がありますので、予めご了承ください。

Q.『お申し込みコンシェルジュ』の他に必要なものはありますか?

A: 『お申し込みコンシェルジュ』は、ユーザーの入力を支援するツールですので、フォームからの送受信システムは別途必要になります。

Q.フォーム送受信システム(ASP等)の設定は誰がしますか?

A: フォーム送受信システムはお客様で設定していただく必要があります。

Q.どのASPでも使えますか?

A: HTMLのカスタマイズができるASPでしたらどこでもお使いになれます。
ですが、ASPによってはエラースクリプトを併用しましたら、通常の設置方法では一部機能が使えなくなる場合がございます。
『お申し込みコンシェルジュ』側での対処が可能な場合はサポート致します。

Q.現在エラー表示が別ページですが、ページ内表示になりますか?

A: はい。エラーはページ内で表示させることが出来ます。

通常の別ページでエラーを表示させる機能は、送信後に合っているかを確認させるタイプのものですが、『お申し込みコンシェルジュ』は送信前に確認するタイプのものです。
それにより、誤送信ではなく誤入力があった場合に送信をストップさせることが出来ます。

Q.モバイルに対応してますか?

A: モバイル環境では、当製品のシステム「javascript」というプログラム言語自体が動作しないため対応しておりません。

Q.バージョンアップはしますか?する場合有料ですか?

A: マイナーバージョンアップは、郵便番号データが更新されるため毎月1回は必ずさせていただいております。
メジャーバージョンアップは、お客様のご意見をご参考に優良機能が見つかり次第、対応させていただいております。
マイナー・メジャー共にバージョンアップは無償です。


何かのご縁で、サイトを通してお知り合いになれたあなたに、最後に、私、岡本からアドバイスがございます。

あなたが企業・店舗を今年、飛躍的に成長させたいとお考えなら、今までに培った経験から申しますと、“売り上げ”の悩みはできるだけ早く解決しておくべき重要な改題です。
そうでなくても、経営者は何かと忙しく、時間に追われがちの為、企業・店舗のステップアップを集中して考えたくても、日々の売り上げの事を考えるあまり、中々ままならないのが現実です。

そこで、まず“売り上げ”の悩みを軽減する事に着手して下さい。
対策としては、コストのあまりかからない、そして手間のかからない一番簡単な事から始めてください。
先の見えない今の時代、そろそろ売り上げアップの手法を、ハイリスク、ハイリターンから、確実性のある“売り上げ安定”手法にシフトチェンジする必要があるのではないでしょうか?
無理して大きなコストをかけ、何とかその時の売り上げだけを上げたとしても、経費倒れし、損益分岐を下回ったのでは本末転倒です。

勿論、うまくいけば問題ないのですが、大きな事を行えばそれだけ、リスクも大きくなるという事もまた真実なのです。
ですから、かなりの勝算がなければ、大勝負をかける時期は絶対に見誤らないで欲しいと切に願います。

私達“株式会社メディアnet”が、この度提案する商品
【お申し込みコンシェルジュ】は
あなたの店舗・企業の“売り上げ安定”に繋がる、マストアイテムになると自負しております。

なぜなら、弊社が、様々な売り上げアップの手法について、色々な角度からテスト・検証・改版・テスト・検証・改版を繰り返し、日々研究を重ねてきた結果、短期間に、低額コストで最高の売り上げパフォーマンスをだす事を立証した理論をシステム化し、ユーザー様が簡単に導入可能にできたからです。 時間や手間、リスクを掛けずに、即効性のある売り上げアップの一番手身近な対策アイテムとして、【お申し込みコンシェルジュ】をお役立て頂ければ幸いです。

では、あなたの今後のご活躍をお祈り申しあげます。

株式会社メディアnet
岡本臥久





キャンペーン期間中、もう少し検討したい方はこちらをクリックして下さい!

 

dummy dummy dummy dummy